血便(下血)の原因

 トイレで用を足して、トイレットペーパーでお尻を拭いたら…!
「血!」なんてことありませんか?
もしくは、なんか便が赤黒いとか…。

鮮血なんかだと、真っ赤で見た目のインパクトも強烈なので、びっくりしてしまいますよね。
もちろん血便の原因の病気はひとつではありません。そしてその症状の理由もあるはずですよね。

下血(げけつ)と言うのですが、その代表的な理由を紹介していこうと思います。

トイレ

 まず、最もポピュラーと言えるのが、「痔」ですね。
いわゆる鮮血と言われる出血したばかりの真っ赤な血の場合、痔の可能性が高いです。身体に発熱や腹痛などの異常が見られず、肛門の痛みや違和感があれば可能性が高いです。
排便後にペーパーに鮮血が付くような場合、切れ痔のことが多いです。
でもすべてがそうというわけではなく、肛門に近い直腸からの出血の場合もあるので注意が必要です。

直腸がんの場合、便の一部についていた血液が、進行するにつれて出血が増えていきます。
便秘と下痢に交互になったりすることも。

痔だと思っても、できれば病院(消化器科)で見てもらいましょう。特に血便が続いて便秘や下痢の症状が出るようならすぐに。
特に怖いのが、痔を長く患っている人が、癌になった場合です。血が出ても気にしないので、進行していってしまうんですね。

直腸癌の話がもう出ましたが、痔についで、下血の原因としては大腸がんが多いです。直腸からの出血では鮮紅色ですが、大腸の右側などからでは、赤褐色になります。

また、胃や小腸などで出血がある場合、胃液によってタール便と呼ばれるコールタールのような黒く粘った便になります。

下痢や腹痛を伴うことも…

病院

 あと、下痢や、発熱、腹痛などの症状を伴う場合は、食中毒などの細菌性の腸炎の場合があります。(O-157やノロウィルスなど)

薬剤性大腸炎という、抗生物質や鎮痛剤などの薬による腸炎が原因の場合もあります。

他には虚血性大腸炎、宿便性潰瘍、クローン病などがあります。
とても自分で判断できるようなものじゃないんです。

また、自分では気が付かない潜血というものもあります。
肉眼ではわからない微量な血便です。非肉眼的血便とも言いますが、自分では気が付かないうちに出血していることもあるんです。
どこも痛くないからといって、安心できません。

定期的に検査を受けることが重要だと言うことですね。

ちなみに、赤ちゃんや乳幼児で症状が出た場合、その便をお医者さんに持っていくのもいいでしょう。
その時、デジカメなどで写真を撮っておくとその時の状態が解ってよりいいですね。